最近の悩み

スクールの子じゃないんですけど。

1人の小学生をなんとかしなくちゃと思っています。

不良とかじゃないけど、多分友達はいないだろうなと。

先生からも疎まれているみたいで。

悪い事はしないけど、良い子の範疇からはある面ではみ出しているから。



返って少々悪いぐらいの方が相手としては楽ですね。

この子は難しい。

でも何とかしないと。

多分家族ではどうにもできない。

そのうちあの子の良い面もつぶされてしまうでしょう。



ラグビースクールでは治せません。

あの性格では相手が向かって来た時点ですくんでしまって、タックルをまともに受けてケガをするでしょう。

だから。

週に3~4回、格闘系でないスポーツクラブに通わせた方がいい。

スポーツ鬼ごっこ以外にね。

怖くないやつ。

遊びでも良いよ。

そうやって大勢の中で信用を得ること、責任を果たすことを覚えさせれば、なんとかなるんじゃないのかね。



学校は親にあることを勧めているけど、それは単に責任逃れをしているだけだろう。

あの程度でそれを言っちゃかわいそうだ。

学校とスポーツ団体が協力して低学年のうちから適切な指導をして行けばなんとかなるはず。

(全てのスポーツ団体が面倒そうな子を受け入れてくれるわけではなさそうだけどね)



そう言う意味でスポーツ団体は無限の可能性を秘めているなあ。

児童の人間教育という点で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ウルトランナー
2016年04月05日 07:09
 おはようございます。
 ワタシはその意味では非常に無責任かつ能天気で、ミニラグビーで治せない小学生はいないと思い込んでます。もちろん、ウチのスクールを卒業後、おかしなことになってしまった子だっているし、そんなことは夢物語だということは判ってるんでしょうけど、やっぱりミニラグビーの可能性を信じたいんですねえ
 ☝の記事の詳細は判りませんが、そのお子さんがいい方向に行ってくれるといいですね。ラグビーでだめでも他のスポーツが救う。スポーツの無限の可能性、いい話です
2016年04月09日 00:26
ウルトランナーさん、遅くなりました。
年度替りで色々な書類を書いていて時間が無かったもので、すみませんでした。
親が本気でラグビースクールに任せてくれるなら、あと期間が確保できるならなんとかします。でも子供の意見で心変わりする親だと無理です。子供がいやがったらすぐに言うことを聞いちゃう親ですね。誰だって1回は倦怠期が来るんですから。
この子は今年度から6年生でもう時間がありません。家庭環境もあって形成されて来たものなので、週一で1年間でなにが出来るかと言うと、かなり厳しいです。
ただ、この子の面倒を本気で見てくれるスポーツ団体は、私が知る限り市内にはありません。おそらくはじき出されるか無視されるか。
お母さんにラグビースクールに入れることを勧めて見ようかと思っています。土日は鬼ごっことミニラグビー、平日2日間は放課後子供教室で面倒見ようかと。
あくまでも親と本人が納得すればですけど。

この記事へのトラックバック