人気が出る可能性はある!

「輝いている女性たち 世界をめざせ! 女子セブンズ日本代表」を見て思ったんですけど。

女子ラグビーは持って行きようで、けっこう女性ファンがつかないかなあと。

競技者でなくともファンが増えるのは良いことで。

「スポーツ界の宝塚」的な存在になれませんかね。



競技者数を増やすってことは重要なことですけど。

いかにしてファンを増やすか。

これも大事。

どこを狙ってどこに仕掛けるか。

漫然とやっていたらダメだよね。

協会のおじいちゃんたちには無理。

新しい目と耳と頭が無いと。








































それとは別ですけど。

10年前に今と同じことをやっていたら、状況は全然違っていたはず。

5年前だって冷や飯食わされていた。

やることが遅すぎるんだよ。

現状やっていることでは、はっきり言ってもう遅い。

プロみたいな女子ラグビー選手が世界中にいるんだもの。

体格で劣る日本が世界を追いかけたって無理。

今からでも遅くは無いから、世界の上を行く改革をしてもらいたい。

男子より女子の方が見込みがあると思うよ。

今ならね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ウルトランナー
2013年06月07日 05:45
 おはようございます。
 あのは、実によくまとめてますねえ しかし、「スポーツ界の宝塚」的な存在となって女性ファンをつけるという発想は思いもよりませんでした。の付け所が素晴らしい Rugby Loungeでもコメントされているように、男性ファンのを掴むのは、ひょっとしたらいとも簡単なのかも知れませんが
 それにしても、悔しいけど、サイズ・スピードともに遅れをとっていることは一目瞭然でしたね。アジリティ(敏捷性)で勝負と言っていましたが、残念ながら現状ではまだまだほど遠い。“速さ”で引けを取ってもそれを上回る“早さ”で凌駕する。そんなプレーが見たいし、そんなプレーヤーを育てチームを作っていってほしいものです
2013年06月07日 23:53
ウルトランナーさん、こんばんは。
選手を見ていたらそんな気がしたもんですから。実際女子ラグビーの女性ファンてどうなんでしょ。興味がありますね。
体力勝負を仕掛けて来る外国の女子選手も、どんどんレベルアップしてくると思うんで、そうなったら勝つのは至難の業。女子もプロかセミプロ化しないと。もうそんな時代でしょう。
とにかく。
女子の予算はもっと増やすべきですね。頑張ってもらいたいです。

ついでなんですけど。
女子の練習相手には男子の大学生を当てるぐらいやらないと、これもダメなのではないかと。

この記事へのトラックバック