本日から成田さん通い

本日からお正月の成田山通いが始まります。

成田山のすごいのは1月が丸々初詣で賑わう事。

他の神社仏閣は三が日が過ぎるとガクッと参拝客が減りますが、成田山は1月後半からは講社や参拝団がバスでやって来ますから、あの大本堂が立錐の余地もないほど人で埋まります。

だから他のお寺の正月助法が3日から1週間で終わるのに対して、成田山は1月28日までのほぼ1ヶ月間頼まれます。

その分1日の給料は安いんですけどね

まっ、腐れ縁ですから仕方がありません。

ここで他に移ったら金の亡者と言われるしね。



渋滞を考慮していつもより早めに出て、成田山に近づいたらはるか手前から成田山渋滞。

ちょうど抜け道の曲がり角からだったので即左折。

田んぼを抜けて街の路地を抜けて職員駐車場の50メートル手前で渋滞に合流。

最小限のタイムロスですみました。

茨城方面から成田山詣でに行かれる方で、この抜け道を知りたい方はご連絡ください。

地図を差し上げます。



いつもより手前からの渋滞だったので、今日は参拝客が多いだろうと思って行ったら案の定すごい人でした。

画像


奥の階段の上からだとこうなります。

画像


まだ本格的に混みだす前なのでこんなものですが、お昼前後からは大変だったみたいです。

とは言え、20年前はもっと混んでいて他のお堂に行くのも大変だったんです。

今は人の流れに乗ればけっこう歩けますからね。楽なものです。

参拝客が減ったのではなく、三が日に固執しないで他の休日に分散したみたいです。

20年前といろいろな意味で変わって来ています。



9時・11時・13時・15時の大護摩はお坊さんが外からお練りして大本堂に上がります。

画像


信者さんに混じってお坊さんが写真を撮っているのも変なので、気づかれないように建物の窓から撮りました。

全員七条袈裟を着けていて、一番後ろの赤い大傘(だいがさ)の下に成田山の午前様がいます。

私等にしたら雲の上の方。直接お話しすることはめったにありません。



大本堂は1000人ぐらいは入る大きさですが、超満員のため入場制限総入れ替え制。

画像

画像

あんまり人が多いので、午後からは外のお練りは中止になりました。

地下通路を通って大本堂の下へ行き、中の入り口から直接堂内へ入ります。

2枚目の写真、左側あたり境内の1、2メートル下に地下通路があって、その地下通路の脇には倉庫や講堂なんかがあります。

地下の講堂は講演会場なんかに使っているので知っている人も多いでしょうが、光輪閣の地下に調理場や食堂、御札工場、床屋さん等があるのはほとんど知られていません。

あと私等の控え室と、職員が入るお風呂もあります。

成田山の境内の地面に耳を付けてみると話し声が聞こえてくる



御札を受けるのも大変です。
画像

境内には御札の受付とともに御札渡し所が何箇所もあって、引換券にその場所が書かれていて、そこでなければ受けられません。

必然的に混みます。

右の奥の方に人の列がつながっていて、遊園地の人気アトラクションの前みたいです。

1月は混むので時間の余裕を持って来てください。



メジャーな成田山にもマイナーなところはけっこうあります。

今月はそんなところの紹介もして見ましょう。

ただし、クレームがつくようなところは紹介できません。

私だって生活がかかっているんです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック