ミニラグビーの(うちの)女子選手について

ここんとこ女子ラグビーの記事が少ないんです。

色々考えるところがあって、小学生の女子選手をどういう方向に持って行ったらいいのか。

ずっと悩んでいました。



ミニラグビーは年々レベルが上がって、それに伴い激しさも増して来ています。

男の子でもおとなしいとついて来られない子がいるぐらいですから。

怪我のこともあるし、普通の女の子にはちょっときついですね。

茨城でも女子選手のいないスクールの方が多くなりました。

ここ数年で急激に減りましたからね。

どうしたらいいか迷っていたのですが、とりあえずこんな形で行こうかと、一つの考えがまとまりました。

活発で男にも引けをとらない女の子は別枠です。

あくまでも土浦RSで普通の女の子対象の話です。



今度の日曜日から始まるタグクラブに、まずは勧誘しようかなと。

いきなりラグビーはきついみたいです。

タグで楕円球の面白さを知ってもらい、中学生まで引っ張っちゃいます。

この間にコンタクト以外のプレーを身に付ければ、女子ラグビー候補選手の完成です。




問題はこの後。

コンタクトのあるラグビーに来てくれるかどうか。

子供は体とともに精神も成長しますから、小学生のときよりは受け入れやすいのではないかと、安易な期待をしています。

周りの人がしっかりとおだて上げてその気にさせちゃおう。



あとは受け皿ですね。

高校ラグビーでは女子選手は公式戦に出場できないそうです。

練習試合とかに(男と一緒に)出るしかないですね。

ユースとかに選ばれればまだいい方かな。

女子選手に関しては、悪いけど高校ラグビーには期待していません。

中学生ぐらいからは女子は女子だけでやったほうがいいと思います。

選手数の問題が大きく立ちはだかっていますが。


昨日のブログで親父レイカーズ立ち上げは女子選手の問題にも関係すると最後に締めました。

親父と一緒に母ちゃんチームも女子連盟に登録してしまう。

なにせタッチかタグをやろうと思って始めたお母さんたちの練習ですが、初めからコンタクトラグビーをやっていますからね。

チームとして試合に出る段階ではありませんが、タグを続け、ラグビーに興味を持った女子選手の受け皿としても機能できそうです。

すでにいくつものスクールには女子チームがあって、代表選手までも輩出していますから何をいまさらとお思いでしょうが、茨城県には女子連盟に登録された女子ラグビーチームはまだありません。

そんなことからもうちのお母さんチームを登録することは、チームとして試合に出られなくても意味があるのではと思います。

来年はまだ早いかな。

でもやる気があるのなら登録しますよ。

子供と親父とお母ちゃんとタグ。

あとはレフリーだな。

誰かC級レフリーを取得してください。

私は無理です。

えこひいきレフリーですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ウルトランナー
2008年09月04日 07:21
 おはようございます。
 ウチのスクールの場合、けっこう女の子が引っ張っていってる雰囲気はありますね。去年今年の6年生は、口数は少ないもののプレーでリードしていたし、今の5年生は来年のキャプテン候補です(^^)。ぜんぜんだらしない3年生の我が次女は、もう少し化けてくれないと。
 お母ちゃん部もいいアイディアですね。タグチームのお母さんには、ぜひコンタクトのあるゲームがしたい!って言う活発なお母さんもいますから。
2008年09月04日 19:00
ウルトランナーさん、こんばんは。
たまたまおとなしい子が揃ってしまったのでしょうか。ただ、茨城の女子選手は確実に減っています。とりあえずタグで釣っといてラグビーに誘導する。タグ出身のユースの選手もいますからね。負けないようにがんばります。
お母さんたちがやっていれば、子供たちもその気になるのでは。見学に来た人たちにも良いアピールになると思うんです。女の子?でも出来ますよと。
みんなが楽しめるようなクラブでいたいんです。

この記事へのトラックバック