親父コーチの出たとこ勝負

アクセスカウンタ

zoom RSS 来年度の後援申請

<<   作成日時 : 2008/03/07 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

4月からの教育委員会と体育協会の後援申請書を出してきました。

帰り道に気付いたんですけど、5月のタグラグビー教室にも後援をもらえるか聞いて来ればよかったなと。

仕方が無いからもう少し形になったら聞きに行きましょう。

土浦スポーツ健康クラブさんとも相談しなければなりませんしね。




そんなこんなで家に帰ってきて‥‥‥‥亡くなった人を当家に戻さずに葬儀場に直接運んで預かるサービスがあります。

今は病院で亡くなる人がほとんどですからね。

そうか、亡くなった人は家に帰れない時代になってしまったか。

長期入院している人はよく「家に帰りたい」と言いますね。

そのまま帰れずに亡くなる人も大勢いて、こんなサービス、誰が考え出したんでしょう。

う〜ん、でも需要があるから出来たんだよね



病院で人が亡くなると一時的に霊安室に置かせてもらえますが、最終的には霊柩車で運ばなければなりません。

しかし人が亡くなる前から葬儀社を決めている人は少ないと思いますから、病院から紹介されるとたいていはそこに頼みます。

病院出入りの葬儀屋さんです。

大きな病院はほとんどどこかの葬儀屋さんと契約しています。

さて、出入りの葬儀屋さんに遺体を運んでもらいました。

そのままその葬儀屋さんに葬儀を頼めば、遺体の搬送代はただです。

違う葬儀屋さんに頼むとけっこうなお金を請求されます。

当然、たいていの人はそこに葬儀も頼みます。

そうです。

病院と契約していて、遺体を搬送すると自動的に葬儀も請け負う事になるんです。

だから病院に付け届けをしても出入りさせてもらうんですね。



例の直接葬儀場に遺体を運び保管するサービスはこんなときにも威力を発揮します。

葬儀の仕方を知らない、家が狭くてお棺の出し入れが難しい、家に来られたら面倒、なんて人たちが飛びつきます。

遺体を取り合うためのオプションみたいなものですね。

私はこんなサービスは大嫌いなので、これをしている業者は信用しません。

こう言う所はなんだかんだ言いながら生きている人だけのための葬儀をしているからです。

亡くなった人の権利も認めてあげなきゃね、かわいそうですよ。

お前らな、そんな事してると化けて出られるぞって、お坊さんが引導渡して仏さんにしちゃうから化けて出ることは無いのか。

残念

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
私は(もし病院で死んだら)葬儀社直行希望派ですが、死人に口なし。遺った者の都合がいいようにやってくれたらいいです。
最近、思い出がフラッシュバックのように蘇ります。これって死期が近いサインでしょうか!? 小さい子の(と言っても小学生にはなってましたが)試合もそうです。普段はあまり積極的なプレーをしていなかった子がある試合で他のメンバーと同じように一生懸命プレーして最後は逆転勝ちしたんです。子供たちの姿に応援席では多くの保護者が涙ぐむほどでした。子供達は「やった〜!」と喜びながらにこにこしていましたが(敗者への気遣いがないのはご勘弁を^^;)、自分たちを見て泣いている大人達の姿にその子も泣き出しちゃったんです。「勝ったんだから泣かんでもいいやない」と言うと「なんでがわがらんげど、だびだがででぐるぅぅぅ・・・」と。兄ちゃんに叩かれたり、母親に叱られたわけでもないのに涙が出るなんて・・・。「心がふるえたときも涙がでる」という初めての体験だったのでしょう。私の「ラグビー名場面」のひとつなんですが、これを思い出すんです。
やかん
2008/03/08 09:25
やかんさん、こんばんは。
いろいろご事情はおありでしょうが、たぶん、一度うちへ戻って納棺してから葬祭場へ行くことになるでしょう。そんなお家のような気がします。
年取るとみんな昔の事が思い出されるようになりますが、100%思い出の中で生きるようになると本人天国回りは地獄ですね。
でも良い思い出ですよね。スクールを見ていてもなかなかめぐり合えません。その子達も良い経験をしました。一生懸命することと感動する事の大切さがわかれば変な道にそれる子はあまりいないはずですし、素晴らしいプレーヤーに育ってくれるでしょう。
案外ちょっとしたきっかけなんですけどね、それが難しいんです。
親父コーチ
2008/03/08 21:14
こんばんは。
出棺の前に蓋を釘で打つアレが一番いやですね。あの時が悲しみMAXです。浄土宗(?)の出棺の時は本人のお茶碗を玄関先で割らされました。きれいな茶碗だったので形見に取っとこうと思っていたらしいのに(悲)。
泣いちゃったぼーずは今も元気にラグビーしてます。なかなかレギュラーになれませんが、それでもやめると言い出さないところを見るとラグビーが好きみたいですね。へっぽこぶりをからかうと「そのうち化けてやる!」とのたまいます。ジャージ着たお化けにでもなりたいんでしょうか。本人は「大化けする」と言いたいらしいんですけど。ラグビーの他に日本語もがんばりましょう(笑)。
やかん
2008/03/08 23:11
やかんさん、こんばんは。
釘を打つのは暴れて棺から出てこないためと昔のがたがた道で棺のふたがずれないためだと言われました。今は中で暴れる事は無いのと道も良くなりましたし、釘を打たないことも多くなりました。
茶碗を割るのは生前使っていたものを壊して、亡くなった人が悪霊になって戻ってこないようにするためです。私の実家の方でもやっています。
茶碗などの壊れやすいものは形見としてはあまり適していないと思います。誰かが間違って壊しちゃったら大変でしょ。壊れにくいものの方が無難ですよ。高いものだと取り合いになる可能性もありますけど。
あの経験がラグビー好きになるきっかけなんでしょうね。大化けしなくても好きでいてくれれば良いですよ。他の関わり方で大化けするかも知れませんしね。
ラグビーお化けでなんか話が作れるかも知れません。あくまでも「かも」ですけど。
親父コーチ
2008/03/08 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
来年度の後援申請 親父コーチの出たとこ勝負/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる