親父コーチの出たとこ勝負

アクセスカウンタ

zoom RSS 水戸市ラグビーフェスティバルはまた後で

<<   作成日時 : 2008/01/20 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

今日は水戸市ラグビーフェスティバルだったんですが、私は仕事で行けませんでした。

現在情報を集めているところなので、わかったら報告します。

ちょっと気になることもありますので。














仏教の葬儀で使って欲しくない単語その1

ある葬儀の司会者が言いました。

「故人はこれより天国へ行き」

私、その場では何も言わなかったのですが、終わった後で言っときました。

「天国はキリスト教の行くところ、仏教なんだから極楽とか浄土と言って下さい。」

テレビなんかでも平気で言ってるアナウンサーがいます。

学校じゃ教えないもんね。





葬儀で読まれる弔事の最後の言葉。

「安らかにお眠り下さい。」

仏教の葬儀は亡くなった人を仏道修行者にして、来世で覚りを得て輪廻の世界から解脱してもらう儀式です。

眠っちゃったら修行できません。

仏教の死後はアクティブなんです。

キリスト教も天国に行くんだから眠っている暇はないと思います。





おまけです。

葬儀後の遺族の挨拶の中に当日来てくれたお坊さんに対するお礼があるとその後の対応が違うかもしれません。

あくまでも「かも」です。

一例としては↓ですかね。

「本日、お導師を勤めて下さいました○○寺(院)ご住職様(様を付けた方が喜びます)には故人をご浄土へとお導きいただき、誠にありがとうございました。」

怒る人がいるかもしれませんが、素直な気持ちを一言。

遺族の挨拶は弔問に来てくれた人たちへのお礼の言葉だけでいいんです。

故人の事を長々としゃべるのはやめましょう。

時間の無駄です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
お役立ちのおまけですね。年齢とともに参列する機会が増えます。どなたにも礼を欠くことがないように&恥もかかないように、時々ワンポイントアドバイスをお願いします。
やかん
2008/01/20 23:23
死んでも毛唐とは別なんですね。。。ってことは、あの世でも勝てないのか。。。。捨てるか、残るかの選択しかないのですね。。。
Bintang
2008/01/21 00:36
ラグビーフェスティバルですが、私見を報告します。試合結果はさておき、当たり前ですが、今の高学年、中学年は弱いチームには必ず勝てるチームになりました。(本当はシャットアウトで勝って欲しいですが)
問題は同レベルのチームに勝てる。あるいは、強いチームにどこまで食い下がれるかという事になるのでしょう。
そうなると精神力の前にチームの総合力が問題です。全体を底上げするような地道な練習しかないんでしょうね…。
ワインの馬鹿
2008/01/21 12:51
仏事の作法は地域によって違う場合もあります。私の言うことが全てではありません。ただ、坊さんはそんな事あまり気にしていない人が多いです。わからないことがあったら菩提寺に聞くのが一番です。
普通では言えない事をここでは言って行こうかとも考えています。裏話も含めて。
親父コーチ
2008/01/21 16:26
Bintangさん、こんにちは。
天国と極楽が別にあるのかどうかはわかりませんが、人種には関係なく、本人がなにを信仰するかです。
まっ、どっちにしろ天国にも極楽にも勝ち負けはありませんから、その心配はありません。
親父コーチ
2008/01/21 16:32
ワインの馬鹿さん、こんにちは。
交流戦ですから、弱いも強いもありません。お互いに尊敬し合う対戦相手です。
突出してうまくなる選手が普通なのではなく、その他の選手が普通の子ども達です。この子達をいかに指導するかで、良いスクールかどうかわかると思います。そう言う子達をいかに指導するか、世界文学全集ではなく、絵本や紙芝居が有効です。
親父コーチ
2008/01/21 16:39
親コーさん、こんばんは。
なるほど〜、「永眠」って普通に使っちゃうけど仏教では違うんですね。
お勉強になりました。〆( ̄ー ̄ )メモメモ
難波詠人
2008/01/21 18:15
 こんばんは。
 すみません、ご教示を。さすがに「天国」とは言ったことがありませんが、「安らかにお眠りを」はおそらく使っているような気がします。この場合、なんて言うのが適切なんでしょうか?
ウルトランナー
2008/01/21 20:44
難波詠人さん、こんばんは。
そうなんですよ。聞いた感じがすごくいいですからね。お坊さんでさえ使っている人がいます。意味を考えずに、習慣で使っているんでしょうね。困ったものです。
こんな言葉ってけっこうあるんです。あと、今は意味のない習慣とか。だんだんにご披露します。
親父コーチ
2008/01/21 21:06
ウルトランナーさん、こんばんは。
テレビのアナウンサーは仏教のお葬式の中継でちょくちょく「天国」を使っていますよ。今度から気をつけて聞いていてください。ああっ、粗探しのいやな親父だ。
で、最後の言葉ですね。専門的になると文章が硬くなりますから、「蓮の台(うてな)に座り修行に励んでください。」とか「浄土より私達を見守って下さい。」とかどうでしょう。
親父コーチ
2008/01/21 21:18
 こんばんは。先ほどからネットに繋がらない状態でした。あせりました。線が外れてました。
 今日突然の訃報で葬儀に参列してきました。年の近い突然。ご出棺の際、ご親族の悲しみに目を明けていられず、手を合わせていたらいつの間にか私だけの状態。さっきは「お直りください」って言ったのに。
焼香その他作法(?)ってわからないことが多いです。慣れてるのも?なような気がしますが。
クラッシックラガー
2008/01/21 21:23
>年の近い突然  年齢の近い方の突然知らせ…の事です。   切ったり貼ったりしてるうちに変な文になってしまってすみません。
クラッシックラガー
2008/01/21 21:28
クラッシックラガーさん、こんばんは。
ここ10年ぐらい、40代以下の葬儀が増えました。戦前も若い人たちが多くなくなっていたのですが、それは医療の不備が原因です。戦後、医学の発達とともに減って、最近また増えてきました。中年は健康に気をつけなければなりません。家族を悲しい目に合わせたくないですからね。
作法とか常識とか、そんな事も追々取り上げてゆきます。ただし、礼儀作法の先生とは少々違うことを言うかも知れませんが。
親父コーチ
2008/01/21 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
水戸市ラグビーフェスティバルはまた後で 親父コーチの出たとこ勝負/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる