親父コーチの出たとこ勝負

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜日のスポーツ鬼ごっこと日曜日のラグビースクール

<<   作成日時 : 2017/05/23 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

20日土曜日は市内の小学校が運動会だったので休み。

でも小学校の運動会がやかましいとクレームがつくとか。

そう言えば数年前は土浦小学校の運動会の音が聞こえていたのに、今年は全く聞こえない。

クレームが付いたのか自粛したのか。

年に1回ぐらいいいじゃねえか。

子供の声が聞こえない町に何の未来があるっていうんだ。



保育園や幼稚園だって、人が言うほどやかましくないよ。

ただね。

やかましいのは保護者の会話や笑い声。

迷惑なのは保護者の違法駐車。

この辺は気を付けたいよね。



ラグビースクールは28日の茨城県春季交流会に向かって実践的練習。

でも、新人が何人も入ったので、その子たちは低学年と一緒に楽しいラグビー。

基礎が主体で、最後にホールドのラグビー。



今日体験に来た子は足も速いし感もいい。

本人もやる気になっていて。

入ってくれると嬉しいですね。





練習中に非常に腹の立つことが。

隣で野球をやっていた大人たちの送球がそれてスクールのお母さんの背中に直撃。

普通だったら駆け寄ってきて大丈夫ですかと聞いて、すみませんと謝るところ。

駆け寄るどころか、その場ですみませんと言っただけで、ボールを投げ返してくれと言わんばかりにただ待っている。

わたしはHコーチが危ないじゃないかと言ってから見たんでよくわからなかったんですが、そういう展開であとは知らん顔の野球の人たち。



先日はラグビーグラウンドのベンチ脇に車を止めたら、「そこはファールボールが当たるよ。」と言われた。

つまり車はほかに止めろと、野球グラウンドのそばに止めるんじゃないと言いたいようで。

ラグビーグラウンドから野球のグラウンドにボールが飛んで行ったことは今までただの1度もない。

逆に野球のボールは結構飛んでくる。

危なくてやってらえねえのはこっちなんだよ。

なんで野球に気を使ってラグビーしなきゃならないんだ。



それで気が付いたんだけど。

ラグビーグラウンド側に車を止めて、野球のボールが当たって傷がついたらだれの責任なの?

車が人間で、ケガをしたらだれの責任なの?

野球の人たちは、野球をしているそばにいる方が悪いと思っているようだから、責任は取らないんだろうな。

たとえ死んでも。

じゃあ管理者であるはずの土浦市か?

知ったこっちゃない、当事者で話し合えと逃げるだろうね。

今度スポーツ振興課に行って聞いてみよう。

どうせまともな回答は帰っちゃ来ないだろうけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土曜日のスポーツ鬼ごっこと日曜日のラグビースクール 親父コーチの出たとこ勝負/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる