親父コーチの出たとこ勝負

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと足りなかったんで

<<   作成日時 : 2015/02/11 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

わたしらはやめなかった人間。

その部活をやめた人達の意見も重要。

根性無しとか言ってその人達を排斥する意見も多いので。



両方の意見があって初めて民主主義。

両方の意見を聞いて、平等に討論するからこその民主主義。

だと思っています。



この再政治家は排除して討論しましょう。

やつらは自分の得票のための意見しか言いませんから。

子供たちや若い人達のための討論をしましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
 諸般の事情で、これまで以上にスクールに関わることになってます。条件付きですが、4月以降はさらに大きな責任を負うかも知れない展開に・・・。務まるのかなあ
 というわけで、「体罰問題」はスクールにとっても非常に大きな論点だと考えてます。正直に言えば、「胸を小突く」程度の「体罰」は、確実に存在しますよね。「問答無用、身体に及ぶ物理的圧力はすべて禁止」などと規定したら(その実これが一番判りやすい)、古参の指導員は全員辞めてしまうでしょう。とは言え、往復ビンタなど明らかに行き過ぎた「体罰」も当然存在する。ある行為が保護者の間で問題視されたとき、スクールとしてどう意見形成していくのか。無数の地雷が埋まっているようで、とても調整する自信はありません。あとは天に祈るしかないか・・・
ウルトランナー
2015/02/15 06:42
ウルトランナーさん、こんばんは。
その子とその保護者とコーチの間に信頼関係があっても、他の保護者がそれを見た時にどう思うか。けっこう面倒な問題です。
今日も野性児兄弟(弟の方)にゲンコツ1発お見舞いしましたが、その後は仲良く練習しました。うちのスクールの中ではたぶん私に一番懐いています。
でも違うスポーツの人が隣りのグラウンドで見ていたら体罰と思うかもしれません。
地雷はそこら中にありますが、そんなのにビビっていては子供の指導はできません。子供達の将来のために自分を捨てて指導しましょう。
親父コーチ
2015/02/15 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと足りなかったんで 親父コーチの出たとこ勝負/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる