親父コーチの出たとこ勝負

アクセスカウンタ

zoom RSS タブー

<<   作成日時 : 2015/01/15 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

タンタカタンタンタンタンタン

昔ドリフターズでカトチャンが踊ってましたわねえ。

平和でよかった。




なんで白人てのはああなんだろうか。

宗教的タブーは犯しちゃいけないんだよ。



私は大学で仏教学を専攻しながらキリスト教やイスラム教の講義も取っていたんで分かるんですけど。

普通のイスラム教徒にとってムハンマド(マホメット)の顔を出すと言うのはタブーなんです。

偶像崇拝を極端なまでに禁止するイスラムの教えであるから、神の預言者たるムハンマドの顔を描くと言う事は、完全にイスラムそのものへの冒涜でもあります。

つまり、イスラム全体を敵に回すことにもなります。



あの雑誌の目的はイスラム原理主義者への風刺であったはず。

ならば。

ムハンマドの顔を描かずとも出来たはず。

少なくとも。

テロリストを変な顔で描いてムハンマドは普通に描けよ。



あの雑誌はタブーを犯したがために、普通のイスラム教徒の心さえも敵に回した可能性があります。

いや。

テロリストに襲撃させる口実を作ってしまったとさえ言えるでしょう。

自分達を風刺したから襲撃するのではなく、ムハンマドを冒涜したからだと。









アメリカの中東イスラム国家への対応にも見えますけど。

自分達の価値観を押し付け過ぎ。

タリバンの女性蔑視はともかくとして。

ムハンマドの顔を描いちゃいけないと言うタブーでなにか不都合があっただろうか。



仏教にもキリスト教にも少数ながらテロリストはいます。

日本にはいないけどね。

外国にはいます。

ごく狭い地域で活動しています。

私からしたらとんでもないやつらです。

でも。

そいつらを揶揄する目的でお釈迦さんの顔をあんな風に描かれたら、そりゃ絶対に面白くないよ。

キリスト教徒だって同じだと思うよ。



昔からそうなんだけどね。

あの人達はヨーロッパアメリカの主な国以外の文化を否定する傾向があって。

それは宗教に対しても同じ。

そう言う偏見が争いを生むんだよ。



よそはよそ、うちはうち。

言論の自由ってのは何をどう表現してもいい訳じゃないと思うよ。

少なくとも。

相手を理解し、相手の事を慮る心を持って、言論でも絵画でも表現してほしいなあ。



今のままでは世界平和なんて無理だね。

お互いの理解を深める気持ちが無いんだもの。

自分の常識はよその非常識、自分の非常識はよその常識。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
 今回の事件は、正直妙なざらつき感を覚えますねえ 確かに表現の自由は優先されるべきものとしても、間違いなく一線というのはあるわけで。「それを言っちゃあ終しめえよ」みたいな・・・。
 しかしドリフ(カトチャン)のあれ、懐っかしいなあ
ウルトランナー
2015/01/16 06:49
ウルトランナーさん、こんばんは。
やはり世界各地で普通のイスラム教徒の反発が出始めましたね。
このまま論点をすりかえられるのが一番怖いんです。

正直な話、未だに白人至上主義なんだろうなと。
分かっていたことなんですけど、宗教においてもやっぱりそうかと。
がっかりしています。
その結果がイスラム対西欧諸国なんでしょうね。

カトチャンみたいな平和は来そうにないですね。
親父コーチ
2015/01/18 00:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
タブー 親父コーチの出たとこ勝負/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる