親父コーチの出たとこ勝負

アクセスカウンタ

zoom RSS 水陸両用

<<   作成日時 : 2014/05/08 21:50   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

人間は陸を歩いたり走ったり、カナヅチの人も指導を受ければ泳げるはずだから、変な言い方ですけど水陸両用。

コタロウも水の中に投げ込めば多分泳ぐから水陸両用。

最も水たまりに入るのも嫌がって避けて歩いているから、精神的には水陸両用じゃないけどね。



第2次大戦の軍事マニアだと思いだすのはドイツ陸軍のシュビムワーゲン。

ポルシェが造った水陸両用自動車。

アメリカだとアリゲーター。

キャタピラで動く兵員輸送車。

おもに太平洋で運用されていた。

007に出て来た水陸両用車は水の中まで潜っちゃったよネ。



この間、うちの墓地でお経をあげていたら塀の向うに見慣れないバスが。

もしかしてあれがそうなのか

霞ケ浦初の水陸両用バス。

霞ケ浦ダックツアーとか言うやつ。

お経を読みながら思わず凝視してしまった。



某NPO法人事務所でその話題になって。

パンフレットももらってしまった。

駅前で水陸両用バスに乗って、市内を一回りしてから霞ケ浦に入水。

近場を一周して上陸して駅前に戻って終わり‥‥‥‥‥らしい。



多分沈んだり転覆したりした時のことを考えてでしょうが、窓ガラスが無い。

窓ガラスが無いから、雨の日は雨具着用。

エアコンもない。

車内(船内)での飲食は禁止。

条件はけっこう厳しいぞ。



陸上走行中はただのバス。

ガイドさんが楽しいらしいけど。

ただのバスだからガイドさんで誤魔化しているのか。

水上では船の方が快適だと思う。

船底形状とかから考えても。



だからクライマックスは入水の瞬間だと思う。

昔で言えば豊島園のウォーターシュート。

水に飛び込んだ瞬間に舳先に載っていたお兄さんがジャンプ。

水に向かって滑り降りるスリルと入水の瞬間の驚き。

あとはその余韻に浸るだけ。




霞ケ浦の水陸両用バスはあれだけのスピードは出ないだろうし、お兄さんがジャンプする訳じゃないから。

1回乗ったらリピーターは少ないかな。

料金もけっこうするしね。

だからね。

色々と考えてしまうんですよ。

夕方出発の屋形船仕様とかね。



薄暗くなった頃、駅前を出発して。

車内でお酒を飲みながら市内を一周。

適度にアルコールが回った頃に大騒ぎしながら入水。

あとは霞ケ浦の夕景と土浦の夜景を見ながら大宴会。

一人や二人霞ケ浦に落っこちたって知らん顔。

駅前に帰ってきたらそのまま2次会へ。



どうですかね。

このアイデア。



なにはともあれ、近在の方、一度乗ってみて下さい。

スクールの練習を一回休んで、みんなでこのバスに乗ってみましょうかね。

たまにはこんなのもいいんではないかと。

ラグビーばっかりやっていてもねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
 う〜ん、HPを見る限りでは、あんまり乗ってみたいとは思いませんねえ それよか、確かに親コーさんのアイディアの方が面白そう やっぱり宴会付きでないと盛り上がらないでしょう
 ウォーターシュート、懐っかしいですねえ ワタシが乗ったのは、もう40年以上も昔のことになります。ジャンプするお兄さん、確かにカッコよかった。しかし今考えるとあれって、いったいどんな意味があったというんでしょうね
ウルトランナー
2014/05/11 05:38
ウルトランナーさん、遅くなってすみません。
物珍しさはあるんですけど、いまいちインパクトが弱い。やるんだったらそこら中の湖岸から出たり入ったり。バスを釣っている人の目の前に葦をかき分けて突然出現とか。もっとアドベンチャー的要素が欲しいですね。
豊島園のお兄さん。あれ、今だったら許可にならないでしょうね。かなり危険ですもん。途中で落ちたら死んじゃいますから。
親父コーチ
2014/05/15 15:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
水陸両用 親父コーチの出たとこ勝負/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる